投稿

2011の投稿を表示しています

ドラゴンを試作

イメージ
さくっとドラゴンを試作してみたよ。最近は、お手軽感から、Zbrushより、Sculptrisのほうをよくいじってます。テクスチャは、modoの初期添付をちょろっといじってます。 わりと楽しいね。

ペイントモードもいじってみたいのだけど、素材を探すのが面倒だし、途端に重くなるので、躊躇中。

figmaりんちゃんに、figmaねねさんのパーツを移植。

イメージ
figmaりんちゃんに、figmaねねさんのパーツを移植。, a photo by counttaka03 on Flickr. はまる気がしたので、ねねさんをパーツ取りのために購入。ほぞが干渉してたが、ニッパーで切り飛ばしたらはまった。

 わりと可愛らしく仕上がったが、シルエットに、ねねさん臭が残ってるなぁ。

ウィルコム SOCIUSの特典

イメージ
ウィルコム SOCIUSの特典, a photo by counttaka03 on Flickr.  時間がかかったけど、ようやく届いた、ウィルコムのブルートゥース端末の特典ケース。
少々、大きいけど、二台入れるから、しょうが無い。あと、余裕があったので、ペリカンのボールペンと、モレスキン・ヴォランノートブックを入れてみた。しかし、iPhone4が少々落下が怖いのでバンパー入れるべきだろうねぇ。

Bind5の話・・・

最近、Bind5の挙動がおかしくなってたので、再インスコを始めた。
原因の特定に、苦慮したよ。いろいろやってて、Adobe Air部分で書いてあるところなのは、早々に判明していたんだが、大元のトラブル元を特定できないので、かなり時間がかかったよ。なんとか、Bind5じゃなくて、adobe Airが濃厚。Air自体の挙動がおかしいという事に気がついて。安定版じゃなくて、labにある、βを入れたら、いろいろおさまったみたいだ。 正式に、アナウンスすべき所なのに、FAQにそのへんの話が載ってないように見える。
しかし、見栄えが良くて、手間がかからないので、Bindシリーズは、すごく有用なんだが、安定性が、なにかのウプデトで、すぐこけるのは、少々がっかりする。 まぁ、マルチプラットフォームで、かつ開発の手間がかからないという意味では、RealBASICとかAirに頼るのは、まったく良いんだが、これのせいで、諸々トラブルを引いてる気がするだよね。
結果として出来が良い物が出来るだけに、非常に惜しい。

魔法使いの夜の体験版をやってみた話

先日買った、TYPEMOONエースの付録に、発売日が延びまくっている、魔法使いの夜の体験版が付属していた。紙芝居なノベルゲーの最新鋭って感じだった。

たしか、この手の演出方法って、手法はともかく、膨大な開発期間が必要で、littlewitchブランドとか、既に諦めた手法じゃなかったっけ?
なるほど、開発期間が延びたのは、そういう理由だったのか?とも思う。
ただ、フルボイス化を頑としてやらない手法には、好感が持てる。まぁ、のちのち、コンソール機で、発売ってことになるのは、目に見えてるけどね。

紙芝居と揶揄されてる、ノベルゲーには、まだまだ、可能性がある気がする。
ただ、手法としての、ノベルゲーは、それである必要があまり感じられない。小説本にしてみれば、高額で、動画としてみれば、少々チープ。

これは、なんだろう。

むしろ、やりたいことは、動く漫画かもしれない。
しかも、情報はより多く含まれている。

Xbox 360® ワイヤレス スピード ホイール

イメージ
最近、Forza好きが、講じて、ワイヤレススピードホイールを買ってみたよ。 本当は、本格的な、コントローラが良いのだろうけど、どこにもそんな設置場所はないしね。わりと、中間的なニーズには、必要十分だと思う。
思ったより軽いし、操作系はそこそこ、快適。 だが、ワイヤレスであること、回転系が位置センサーであることで、レーテンシーが若干気になる。あと、フォースフィードバックは、かなりな部分で重要。切れ込みすぎて、そのままスピンであるとか。コーナー脱出後に、カウンタ当てたら、とんでもないことになったってことが、なれてないと良く発生する。 しかし、純正パッドでやると、細かく微調整がいる場面で、舵角を固定できる分、低速コーナーとか、高速コーナーで凄く走りやすい。
なので、おすすめできるかどうかは、かなり微妙。 実際、走り込むと、逆に遅くなるんじゃないかとも思う。 どうしてもという人には、是非お試しをって感じじゃないかな。

ほむほむ買ってきた

イメージ
ほむほむ買ってきた, a photo by counttaka03 on Flickr. アニメとか、イラストだと特に意識はしてなかったんだけど。並べてみると、まどかのキャラデザのラインて、主人公だけ親和性がないと思う。

習作 じいさま

イメージ
習作 じいさま, a photo by counttaka03 on Flickr. すこしづつではあるが、Zbrushに慣れて来ている。しかし、なんだかなーなインターフェースは、慣れを超越している。まぁ、ペンタブでいじるのが正解なのに、トラックボールでやろうとしてるところが、駄目なのかも。

forza4は、わりと楽しい・・・

イメージ
わりと楽しい・・・, a photo by counttaka03 on Flickr. だけど、外道転売厨のおかげで、ペイントがあんまり出回っていない。まぁ、それがほんしつではないけれど。

Zbrush4R2がきたよ。

イメージ
ようやく、待ち焦がれた、ZBrash4R2がきたよ。
往々にして、移動ツールを繰り返すと、ポリゴンが崩れる事が、多かったのですが、新機能DynaMeshで、一気に解決した感じ。とても、すばらしい。

あとは、よくわかっていない機能が満載なので、そのへんの理解が、必要かなとか思っています。
もしくは、modoとの連携を考えないと駄目かなー。

物思うのこと・・・

物作りとは、実のところ若さが必要だ。若さとは何か?それは好奇心である。 そして、努力と意識しない遊び心である。 しかし、残念ながらそれは、時限式である
なんか、最近、とくに、こんな事を考えているよ。
面白い作品とか、書いている作家さんのはずなのに突然、面白くなる作家さんが多くないのは、これが理由だと思うんだ。
これに外れる作家さんは、たぶん、天才と呼ぶのだと思う。

DiRT3で遊んでいるよ。

イメージ
現実の、車は、ペーパーだけど、気になっていたDiRT3をやってるよ。残念ながら、PS3版だけどね。
あれだね、ローディングが、すげぇー遅いのは、どうしようもないけど。
ゲーム自体は、面白いかも。

髪を作成

イメージ
納得する髪型のディテールを彫り込むのが、いい加減しんどくなったので、Zbrushを入れたようなものなんだけど。
ぼちぼち、下調べ&演習を始めてるよ。がっつり進めていくぶんには、おもったより簡単にいきそう。
ただ、Zbrush自体が、コツをつかむのが時間がかかるのは、難点だね。

ZBrush4で、遊んでいるよ。

イメージ
正直、Sculptrisが、面白すぎたので、上位版というか、ZBを買ってくれオーラが出ていたので、買ってみたよ。
以前ZBは、試用版で、激しくわからんかったんで、挫折したんだが、それをすっかり忘れいたよ。
 で、付属の日本語マニュアルが、ついてくるんだけど、激しく萎えそう。
あと、記述されている機能がどこにあるのか、さっぱりわからんし。

 で、参考書2冊を買って、ようやく理解し始めた。
あれだね、ZBは、しつこくあらゆるところで記述しているけど、3DCGアプリとして、理解しようとするとわからんなるよね。
というか、2D機能を、省いたバージョンを、ZBは出すべきだと思う。

フィニッシュレンダーまで、持って行った。

イメージ
フィニッシュレンダーまで、持って行った。, a photo by counttaka03 on Flickr.
かるーく、フィニュッシュレンダーまで、持って行ったよ。わりと、たのしいよね。

スカルプトリスがやばい

イメージ
スカルプトリスが、簡単すぎて、やばい。しかも無料・・・あげくに、上位有料版にしたいと思ってるであろうZbrushがほしくなるぐらいやばい。

永遠にバランス取り。

イメージ
気が向いたら、モデリングしてるんだが、かなり難しく、イメージ通りにならない、髪の毛の造形は、ちょっとおいといて。
やってる、モデリングのバランス取りをしてるよ。

 何かが違うのだが、何が違うのかよくわからない。

モデリングの進捗状況

イメージ
ここ最近、余暇を利用して、モデリングをすこしづつではあるけれど、進めているよ。正直、形状が自分の考えてる方向性から、かなりブレてるきがする。アプローチをもう少し考えるか、最初からやりなおしを考えた方が良いレベルかも?

 modo501から、実装されているピクサーサブディビジョンの評価を見直している。Lightwaveでは、ウェイトをかけるとエッジではなく、ポイントにかかるので、エッジを立てたくない方向にまで、かかるのだが、そのへんが起こりにくくなっている。もっとも、LW10では、そのへんが改善されてるきもしないでもないが、調べてないのでわからない。

こないだから、USTで、出来るだけ作業光景を中継してるよ。

まぁ、そんなとこ。

モデリングの進捗状況

イメージ
最近は、チマチマとモデリングしてるよ。まだまだ完成にはほど遠いんだが、まぁよし。ただ、残ってる工程が高度な内容だったり、めんどくさい工程が多いので困る。

Microsoft Arc Touch Mouse

イメージ
とりあえず、いつもの衝動買いというか、気になっていた。安心と信頼のマイクロソフト製新型マウス、ArcTouchMouseを買ってきてみたよ。第一印象は、軽い薄い。しかし、適度に大きい。
 最近の無線マウスらしく、USBに接続する、レシーバ側も、ものすごく小さい。しかし、これ取り外したりするときに、小さすぎて引き抜きにくい。あと、ボタンのクリック感は、悪い意味で、テレビのリモコンみたいな変な感覚。センターホイールは、タッチセンサーがついていて、適度にブルブル震えるのだけれども、いまひとつつかみが良くない。
 ただ、ここ最近、トラックボール派になってるので、常用はする気がないけど。
ある程度あきらかに、快適性を犠牲にしてる感が強いから、あくまでモバイル用と割り切れば、この軽さと大きさは、モバイルマウスとしては、ベストな選択かも。

迎春

イメージ