2013年3月28日木曜日

今年の桜を撮ってきた

GR DIGITAL III

EP2  M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm
 今年も、桜満開の季節がやってきたようで。
桜を撮影してきたよ・・・

 今回、初めて買ったものの死蔵していた望遠レンズを持ち出して撮影してみたよ。
撮影時、薄曇りだったためか、正直ピンぼけっぽい気が。

うすうす感じてはいたんですが、確かに寄りたいときは、望遠レンズが欲しい時も多いのですが。やっぱり単焦点レンズ+コンデジで必要十分かなとか思いました。

2013年3月17日日曜日

こりゃすげーや

3DCG好きになったの原点の一つに、ボイジャーだったりするんですが。
天文好きな3DCG好きとしては、これはツボに入った・・・

2013年3月10日日曜日

ZBの教本のおはなし

ここ最近、表に出せるようなまともな、モデリングを全くやっていないのだけども。
modoとZBの組み合わせが、かなりお気に入りです。
 modoは、サクサク使い方がわかって良いのですが、ZBがまったく刃が立たないんですよね。検索かけると使い方を教えてくれるサイトは一杯あるんですが、いまひとつ頭に入らない。あと重要なのは、英語サイトが多いですし。
 そのような時は、日本語で書かれた紙の本が最適なわけで。ここ最近は、ZBを触るときの教本にこの二冊を選んでいるよ。


って本なのですが、フルカラー本で、とてもわかりやすいようです。
ZBで困るのは、あれほど使いにくいと感じたインターフェースが逆にこうでないと困る感が出て、汎用モデラーを触るときに、相当違和感を感じるところでしょうか?
このへんは、ZBに限った話じゃないんでしょうけど。

 こういった紙の本は、昔は沢山出ていたものですけれど、今では本屋で見かけなくなりましたよね。iPadとかで確かにPDFで読むことが出来るのですけど、結局、動作の重さで、使わなくなるんですよね。本当は、世が世なら、modoの本も出てても良いんですけどね。たしかに、洋書で二冊でているんですが、601関連のわかりやすい本も出てくれたら良いんですけどね。

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...