スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2010の投稿を表示しています

iPad買った、触った、楽しんだ。

頭の上に林檎の葉っぱが生えている、私としては、iPadは、スルーできない、誘惑だった。頻繁に、自分自身、モバイル的状況が発生しているわけではないし、パソコンそのものを置き換える必要性が生じているわけでもない。ただ、PDFの説明書が増えてきており読みやすいデバイスを探していたのは間違いないし、実際良質のリファレンスだった。

iPhoneから始まったデバイスの本質とはなにか?それは、コミュニュケーション的なデバイスというより、良質なリファレンス・デバイスであると思う。当然、iPadにもそれは備わっているし、大きくなった分、その情報量は拡大されている。そして、小型デバイスである宿命から逃がれたぶん、さらに情報入力としての打ちやすさが格段に進歩していると思う。しかし、依然としてアナログのよさ、あるいは従来のパソコン端末のよさの中間よりであることは間違いない。iPadとiPhoneがあるからといって手帳とパソコンは、今だ手放せない。ある意味、ネットブック登場の感覚と近いのかもしれない。

 さて、iPadであるが、細かい所で機能がないことがある。iTunesであるとかiPodでは問題ないのに、TV番組の通しナンバーが無視されて表示される。タイトルのみでソート表示されてしまう。あと写真であるが最新のものが、普通最初にきて欲しいものだが、これも古い順番から表示されてしまう。そのへんのソートオプションをつけて欲しいのだが、現在見つかっていない。

 とはいえ、大きな意味では、良くできているし。恐ろしく楽しい。
液晶は高精細だし、当初、ネットブックとかiPodとか見て、疑問だった動作速度ももうしぶんない。人によったら、これはノートブックいらないと言う意見も間違いないと思う。もちろん、それはAppleの功績というよりも、この短時間で爆発的に増えたアプリ資産によるものが大きいと思う。おそらく、特殊なものじゃなければたいてい考えつくアプリは、ほぼ揃っている。

 ただ、どちらかというと、あらゆる意味で、過去のApple][時代の状況を、思いだしてしかたがない。iPodからiPadに進化した系譜は、NewtonからeMateが登場した経緯に似ているし、これコンセプト的にはかなりな意味で、DynaBookだよねってきがする。そして、他社とくにマイクロソフトが黙ってないと思うしね。

IPadに向けて本を分解するのこと

注文したIPadが、指定通りにつくかどうかはわからないけれど、ここ数日、Bookの日本展開がどうなるかわかったもんじゃないし、ブラックなZip置き場を探せば、ごろごろ転がってそうだが、リスクが高いので。本を分解して、SCANSNAPで、スキャンしているよ。



 本当は、大きな断裁機を買ってきて、一撃でやってしまうのが便利なのでしょうけれど。重いしでかいしで、家庭用には、かなり問題があるので、ローテクな方法を使います。必要なのは、カッターマット・金属製の定規・小型カッター・ロータリーカッタの4点。すべて、普通の文房具店で簡単に手に入るんじゃないでしょうか?



 今回の生け贄は、こちらを使います。REXCOMIC 世界樹の迷宮Ⅱ を断裁していきたいと思います。
個人的には、閲覧用・保存用・布教用とかいいますが、これからは、閲覧用・断裁用とかになりそうですね。ともいえ、スペース節約(決してエコではないでしょうけど)という効果がありますので、気に入った単行本を断裁ってとこでいいんじゃないかな。とくに弱小系の出版会社とかになると、デジタル版は望み薄だと思いますし。



 一番、外側のカバーを外している状態です。単行本は、通常、背表紙から糊でとめているだけなので、分解するにはこれをなんとかしないといけません。この糊をはがす方法としては、アイロンをかける、レンジでチンするといった方法で糊を分解することが出来ますが、危険ですし、面倒なので、私はしません。平常、本を印刷するときには、のど(のりで接着する部分)の関係で、ここに余分な余白をいれているので、そこの部分をばっさりやっても問題ないわけです。もっとも、見開きページが、見開き表示をすると都合が悪くなる状態がありますが、そのへんは、気にしない方針で。



 まず、ばっさり一気に断裁していきたいところですが、それをやると、基本フリーハンドに近いので、メタメタなことになるので、数十ページに分冊に分けて裁断していきます。このとき、厚めにしすぎると、断裁の際、刃がすべってえらいことになります。こころもち薄めで、しかし大胆に。



 糊の浸透状況によりますが、ロータリカッターで、のどの部分を断裁していきます。金属カッターをあてて出来るだけ水平に切ります。



 ここまで断裁できれば、あとは、きちんと分離できているか、チェックをします。表紙部分の数枚が糊の浸透が深いので、分…

頭部をさらにつめるのこと

えんえんと、こまいかいところを修正中、でもさらに、めんどくさい作業である、髪の実装が待ってるんだよなー、これ