2011年2月10日木曜日

Microsoft Arc Touch Mouse



 とりあえず、いつもの衝動買いというか、気になっていた。安心と信頼のマイクロソフト製新型マウス、ArcTouchMouseを買ってきてみたよ。第一印象は、軽い薄い。しかし、適度に大きい。
 最近の無線マウスらしく、USBに接続する、レシーバ側も、ものすごく小さい。しかし、これ取り外したりするときに、小さすぎて引き抜きにくい。あと、ボタンのクリック感は、悪い意味で、テレビのリモコンみたいな変な感覚。センターホイールは、タッチセンサーがついていて、適度にブルブル震えるのだけれども、いまひとつつかみが良くない。
 ただ、ここ最近、トラックボール派になってるので、常用はする気がないけど。
ある程度あきらかに、快適性を犠牲にしてる感が強いから、あくまでモバイル用と割り切れば、この軽さと大きさは、モバイルマウスとしては、ベストな選択かも。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...