2012年9月28日金曜日

ホント、ネタにされるのひさしぶりで、泣けてくる。


 まぁ、相変わらずのPSO2廃人の日々なんですがね・・・。
団のヒトが、Blogを開設されてると聞き、行ってみましたよ ココ
ネットも随分やってますが、こういういじり方はひさしぶりすぎて、泣けてきたw
まぁ、FPSのネトゲで相当、卑怯なゲームプレーしてるせいですが。

 ネタが漫画風なので、久しぶりにペンタブ握りしめましたが、2D絵をやらなすぎて、もともと酷い絵が、恐ろしい事になっとるので、諦めたよ。
まぁ、もとねたはマイナーすぎてわかるまい(わざとじゃ)

 解説すると、マイキャラ的には、PSOは歴代ゾンデ至高主義者だったんですが。
PSO2は、スキルツリーの関係上、泣きながら振り直して現在の状況なんですね。
狙ってないでしょうが・・・代理としては、ものすごくあっとるw

つか、アメバなんで、リブログできねW

2012年9月27日木曜日

PSO2と廃人の日々


 先日、アップデートがあって、巫女服とナース服が追加になったみたいね。
おかげで、決済サーバが落ちたけど。


チームルームが開放できたみたいなんで、訪問してみんなでSS撮ったよ。
機能的には、広さの割りに。んーって感じなんだが、共通な公式の場所があるだけでうれしいですよね。

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...