2017年10月15日日曜日

いまさらスクラブライナーに惚れ込む

テキストエディタとして、高機能なものは、たくさんあるのだけれども、おそらくOSX用としては、miあたりが定番なんだけども。最近、Scrivenerに、めっぽう惚れ込んでいるよ。もともと小説や論文を執筆するためのテキストエディタなんだけども。アウトラインエディタとしての使い方を想定していて、これがとてもちょうどよい。あと、GUIが普及して以来、余分なアピアランスがついてくるものと相場が決まっているのだけども。執筆モードが搭載しているので、昔の簡易CUI風に操作可能なので、とても具合がいいのだ。

キャプションごとに検討する機能を、単にテキストを小分けしていると見なして、メモ帳としても運用するのが自分的にはすごく具合がいい。がっつりとしたメモならEvernoteがあるのだけど、どうしても数行のメモは、Evernoteで運用するのは、すこし大げさすぎる。

おすすめかと言われれば、高額アプリではあるので、おすすめできかねるところがあるのだけれども。がっつりテキスト書く人には、十分な価値があると思う。
これで、画像がテキスト内にも張り込むことができれば、イラストとかのアイディア帳に活用できるのだけども、それはできないようだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...