2014年6月23日月曜日

ひさびさに、ペインターで遊ぶ。


 ひさびさに、タブレットを持ち出し、ノープランで、ペンタブレットを走らせる。
もう、何を考えてるのかさっぱりだ。
初期状態で、背景を暗い青を選び、少し明度を上げた枠線を引いていく。
 まったく、そのつもりはなかったのに、モチーフが少しづつ現れてくる。

たぶん、夜の森を書きたかったんだろうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...