2013年5月7日火曜日

思いついて扇子を買うのこと

思えば、いまどき、扇子って厨二病的な、アイテムだ。万年筆の時も、そうだったけど、突然、欲しくなるんだよね。
まぁ、もともとは、雑誌のおまけ的な扇子を使ってたんだけど、それなりのお値段の扇子はどう違うのか、気になったってのもある。

扇を閉じたときの音も心地よくてたいへん、よろしいようで。

なにかに感覚が似てると思ったら、これは関節をゴリゴリ鳴らすときの感覚かな、これ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...