2013年4月8日月曜日

ラジオ


 そこそこガジェット好きなんですが、やはりラジオは必要だということで買ってたよ。
売り場が、先の震災のさいには、一斉に在庫がなくなってたりしてたんですが、今では、すっかり供給量が、潤沢になって。昔の閑散とした雰囲気に戻っていますね。

 Sony製のXDR-63TVってモデルなんですが、国内の周波数プリセットを既に持っていて、選局が非常に楽になっているようです。本当は、カーラジオみたいな、オート選局も欲しいところなんですけれど、プリセット選択ってのが、現在のラジオのスタンダードみたいです。

 同じ、Sony製のICF-R351ってモデルも購入してたりしてたんですが、県をまたがった移動をしたりすると、プリセット設定の切替が、いまひとつよくわからなく、選局がどこに入っているのか、よくわからいことが多いのですけれど。
 このモデルは、ちゃんと選局している、放送局名がきっちり表示してくれるので、わかりやすいですよね。

 ただ軽量化の果てに、もの凄く軽くなったのは、良いのですけれど。
むかしの文鎮クラスの重さの携帯ラジオを知ってる人としては、逆に物足りないというか、高級感を感じないというか。

 やはりある程度の、手に収まる快適な重さは必要だよねと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...