ZBの教本のおはなし

ここ最近、表に出せるようなまともな、モデリングを全くやっていないのだけども。
modoとZBの組み合わせが、かなりお気に入りです。
 modoは、サクサク使い方がわかって良いのですが、ZBがまったく刃が立たないんですよね。検索かけると使い方を教えてくれるサイトは一杯あるんですが、いまひとつ頭に入らない。あと重要なのは、英語サイトが多いですし。
 そのような時は、日本語で書かれた紙の本が最適なわけで。ここ最近は、ZBを触るときの教本にこの二冊を選んでいるよ。


って本なのですが、フルカラー本で、とてもわかりやすいようです。
ZBで困るのは、あれほど使いにくいと感じたインターフェースが逆にこうでないと困る感が出て、汎用モデラーを触るときに、相当違和感を感じるところでしょうか?
このへんは、ZBに限った話じゃないんでしょうけど。

 こういった紙の本は、昔は沢山出ていたものですけれど、今では本屋で見かけなくなりましたよね。iPadとかで確かにPDFで読むことが出来るのですけど、結局、動作の重さで、使わなくなるんですよね。本当は、世が世なら、modoの本も出てても良いんですけどね。たしかに、洋書で二冊でているんですが、601関連のわかりやすい本も出てくれたら良いんですけどね。

コメント

このブログの人気の投稿

ZBrushで、盛る・・・削る

コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セット

耳のモデリングと仮色