ひさびさに、SETI@HOMEを走らせるのこと


 おもいついて、ひさびさに、SETI@HOMEに復帰しているよ。
プロジェクト自体の参加を始めたのは、2000年の事だったのだけれども。
かれこれ、だいぶ時間がたっているのね。

 思えば、これで、Macをフル計算させ、熱暴走で壊したのは懐かしい話です。
プロジェクトがBONICになった頃に、試した頃はあったのだけれども、スクリーンセーバとの衝突が酷くて、参加したくてもできたのかったのね。
かれこれ、バージョンが上がっているので、どうかなと試したらまともに動くので、復帰はしてます。
ただ、スクリーンセーバからの復帰は、遅いみたいね。
ま・結局の所、単品で実行させた方が、いいのかなとも思います。

 このプロジェクトの現在は、どうなっているのだろうと調べてみたら。
これ自体は、予算がたいへん厳しいのは、理解していたのですが。
アレシボ天文台が、閉鎖の危機に陥ってるみたいですね。

 このプロジェクト自体は、どうしてもアレなんですが、派生した、超新星とか、パルサーを探す真っ当な、プロジェクトもあるみたいで。

宇宙FANとしては、やっぱりこういったものにワクワクするんですよね。


コメント

このブログの人気の投稿

ZBrushで、盛る・・・削る

コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セット

耳のモデリングと仮色