スキップしてメイン コンテンツに移動

HALO REACHを買ってきてるよ。



 FPSフリークかつ360ユーザー的には、押さえとかないとあかん、ゲームなので、確保しました。特典付きのパッケージもあったんだが、正直、置き場所に困る場合が多いので、今回は通常版にしといた。つか、普段、360ソフトを置かなくなった、店舗にも置いてあったのはびっくりしたよ。

 中身的には、割合、仲間内で、コープをやる分には、良いゲームだとは思う。しかし、MS純正のわりに、レーテンシーのグラフバーが、あきらかにおかしい。マルチでやったときにグラフバーが最大長なのに、アタリ判定が、甘いときと厳しいときがあるんだよね。
単純に、ヘッドショットあるなしの違いってことかもしれないが。グラフに出てない、Ping値の低下が、出てると思う。

 銃弾の当たり判定のダメージ値が小さいFPSだと、わりと後出しじゃんけんが成立しやすいのだけれども、この辺の調整は、絶妙だし好感が持てる。ただ、本家サイトに、マルチゲームの各種統計が見られるんだが、殴りがメイン武器というのは、ちょっとFPSとしてはどうかと思う。CODシリーズみたいに、1ショットワンキルが簡単に成立する、やり過ぎな調整はどうかと思うけど。ほんの少し、銃弾のダメージを上げて欲しい。うっかり頭出してる、そこを、襲いかかるんだが。逆襲喰らって、死ぬ、簡単にはめ・キャンプが成立する。このへんが、FPSのゲームプレイにおいてストレスがかかる状況なんだが。このへんを防ぐ調整は、FPSのキモでもあるんだが、そこはものすごく難しいよね。

まぁ、全体的に、ゲーム感覚は、良くも悪くもHALO的ではあるよね。良い意味で。そこには、戦略的要素がなく、ガチの殴り合い。これが HALOの本質だよね。その辺は、割りと好き。

 かなり、長く遊んで欲しいのか、やり込み要素があるのが、最近のFPSの流行だよね。やってもいいし、やらなくてもいい。そういうやり込み要素は、好感が持てる。でも、本当に、賞味期限が長いのかというと、恐らくCODよりもやらない気がするんだよね。恐ろしく疲れる。まぁ、こりゃ年のせいかね。

コメント

このブログの人気の投稿

ZBrushで、盛る・・・削る

modoの作業を、トポロジー的に、ある程度正しい状態にもっていった後に、Obj形式で、ZBrushに持ち込んだあと、ひたすら、削ったり盛ったりする作業を始めているよ。
おおむね、あとから欠陥が判明するんだけども、いまの所は、致命的な修正不可能な欠陥は、ないはず。

 まだまだ、気に入らない所は一杯なので、スカルプト作業が終わってないのだけれども。まぁ、とりあえずは、こんな感じ。

コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セット

昔から、画材として、色鉛筆と同じくらいマーカーも大好きなんだが。
コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セットを買ってきたよ。

 それまでのマーカーは、ピーキな特性をもったマーカーが多くて、発色が良い、ムラが出来にくいという特性は、ものすごい衝撃的だったのですよ。

さて、特別仕様のモデルは、過去にも2000年特別セットを出してるんですが、色のバリエーションは、どう変わっているんでしょう?

 見事に、ダブリが少ないですよね。

36色セットは、基本セットなわけで、
都合上、基本的にマーカーは、混色できないわけで、なにを採用してくるか?ってのは凄い重要です。

 肌色が増えてますよね。漫画絵を描いていると、肌色の補強が最大の興味になるわけですが、この辺、ラインナップ的に、買い足さなくても、良い感じになってます。

 どちらかというと、2000年モデルは、青系のパステルカラーに振っていて、25周年モデルは、純色に近い色が多く、茶系統が多いように思えます。

 このへんは、2000年時点でのイラストの傾向の違い、2012年時点でのイラストの傾向の違いが、読み取れるんじゃないでしょうか?

 ただ、意図的に2000年モデルとダブリを意図的に回避したかもしれませんので、推定でしかないんですが。
 コピックマーカーが要求される分野には、2000年前後に比べると漫画絵の比重が増えたとも言えるわけで、その辺が、影響しているとは思いますよ。

あと、コピックスケッチらしい、筆のようなスーパーブラシニブは、当然そのままで、もう一つのニブは、ファインニブに変更されています。
 それに伴って、エアブラシシステムは、25周年モデルは、使えないわけですが。 おそらく、コピックを使う人たちはどんな人たちか?という分析を行っていて。 あきらかに、漫画描きに向けて出してきているのは、間違いないと思います。
 2000年頃と比べると、CG特化の傾向が著しく浸透しており、基本のアナログ画材がどうなったか?というのは、凄く興味深いのですが、おそらくこうなったら使いやすいですよって提示は25周年モデルに読み取れるとは思いますよ。

耳のモデリングと仮色

耳のモデリングのやり直しと仮色を入れてテストレンダーしてみた、不気味の森に近づきつつあるな。
耳のパーツを一体成形をめざしたが、半分、ぶち切れて、別パーツにしてみた。未だに、耳のひだの構造がいまひとつ。
おそらく、まだ延々いじるんだろうなー。