2010年9月22日水曜日

HALO REACHを買ってきてるよ。



 FPSフリークかつ360ユーザー的には、押さえとかないとあかん、ゲームなので、確保しました。特典付きのパッケージもあったんだが、正直、置き場所に困る場合が多いので、今回は通常版にしといた。つか、普段、360ソフトを置かなくなった、店舗にも置いてあったのはびっくりしたよ。

 中身的には、割合、仲間内で、コープをやる分には、良いゲームだとは思う。しかし、MS純正のわりに、レーテンシーのグラフバーが、あきらかにおかしい。マルチでやったときにグラフバーが最大長なのに、アタリ判定が、甘いときと厳しいときがあるんだよね。
単純に、ヘッドショットあるなしの違いってことかもしれないが。グラフに出てない、Ping値の低下が、出てると思う。

 銃弾の当たり判定のダメージ値が小さいFPSだと、わりと後出しじゃんけんが成立しやすいのだけれども、この辺の調整は、絶妙だし好感が持てる。ただ、本家サイトに、マルチゲームの各種統計が見られるんだが、殴りがメイン武器というのは、ちょっとFPSとしてはどうかと思う。CODシリーズみたいに、1ショットワンキルが簡単に成立する、やり過ぎな調整はどうかと思うけど。ほんの少し、銃弾のダメージを上げて欲しい。うっかり頭出してる、そこを、襲いかかるんだが。逆襲喰らって、死ぬ、簡単にはめ・キャンプが成立する。このへんが、FPSのゲームプレイにおいてストレスがかかる状況なんだが。このへんを防ぐ調整は、FPSのキモでもあるんだが、そこはものすごく難しいよね。

まぁ、全体的に、ゲーム感覚は、良くも悪くもHALO的ではあるよね。良い意味で。そこには、戦略的要素がなく、ガチの殴り合い。これが HALOの本質だよね。その辺は、割りと好き。

 かなり、長く遊んで欲しいのか、やり込み要素があるのが、最近のFPSの流行だよね。やってもいいし、やらなくてもいい。そういうやり込み要素は、好感が持てる。でも、本当に、賞味期限が長いのかというと、恐らくCODよりもやらない気がするんだよね。恐ろしく疲れる。まぁ、こりゃ年のせいかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...