2010年7月12日月曜日

GRDⅢの値段が、良い感じにこなれたので




GRDⅢが良い感じにこなれてきたので、GRDⅡから乗り替えてみたよ。さすがに、発売から一年たっているし、リコー党としては、GRXといきたいところだが、一眼は既に、EP-2があるのだから、カテゴリ的に埋めたくないわけで、 GRDをシリーズ最新型に置き換えた。

毎回思うのは、間違いなくコンデジ最強説がでるほど、ハンドリングが物凄く軽快なカメラだし、上位機にウプグレするというのに、バッテリーとか、以前のものが使えるのが、相変わらず嬉しい。画質的には、f1.9というレンズを搭載し、確実に部屋撮り際、画像の明るさがシャッタースピード的にも、撮りやすいカメラに仕上がっていると思う。そして、相変わらず、普通撮りという意味なら、重たい一眼レフは、いらない気がする。

こうなってくると撮る分には経験上、EP-2の場合、パンケーキレンズのほうが楽しくなるのがわかっているのだが、10倍程度の望遠レンズをいれようか考え中。
ま・考えているうちが、一番楽しいのですけれど。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Markdown言語が面白い。

 ポメラDM200からの新機能にアウトライン表示があるのだが、パソコン側で、管理するエディタを探していたら、Markdown言語というものがあるらしい。  基本、文書を作るときに、プログラマな人たちは、ホームポジションから手を離すのを嫌う人たちが多い。直接、htmlコードを書...