2010年5月29日土曜日

iPad買った、触った、楽しんだ。



頭の上に林檎の葉っぱが生えている、私としては、iPadは、スルーできない、誘惑だった。頻繁に、自分自身、モバイル的状況が発生しているわけではないし、パソコンそのものを置き換える必要性が生じているわけでもない。ただ、PDFの説明書が増えてきており読みやすいデバイスを探していたのは間違いないし、実際良質のリファレンスだった。

iPhoneから始まったデバイスの本質とはなにか?それは、コミュニュケーション的なデバイスというより、良質なリファレンス・デバイスであると思う。当然、iPadにもそれは備わっているし、大きくなった分、その情報量は拡大されている。そして、小型デバイスである宿命から逃がれたぶん、さらに情報入力としての打ちやすさが格段に進歩していると思う。しかし、依然としてアナログのよさ、あるいは従来のパソコン端末のよさの中間よりであることは間違いない。iPadとiPhoneがあるからといって手帳とパソコンは、今だ手放せない。ある意味、ネットブック登場の感覚と近いのかもしれない。

 さて、iPadであるが、細かい所で機能がないことがある。iTunesであるとかiPodでは問題ないのに、TV番組の通しナンバーが無視されて表示される。タイトルのみでソート表示されてしまう。あと写真であるが最新のものが、普通最初にきて欲しいものだが、これも古い順番から表示されてしまう。そのへんのソートオプションをつけて欲しいのだが、現在見つかっていない。

 とはいえ、大きな意味では、良くできているし。恐ろしく楽しい。
液晶は高精細だし、当初、ネットブックとかiPodとか見て、疑問だった動作速度ももうしぶんない。人によったら、これはノートブックいらないと言う意見も間違いないと思う。もちろん、それはAppleの功績というよりも、この短時間で爆発的に増えたアプリ資産によるものが大きいと思う。おそらく、特殊なものじゃなければたいてい考えつくアプリは、ほぼ揃っている。

 ただ、どちらかというと、あらゆる意味で、過去のApple][時代の状況を、思いだしてしかたがない。iPodからiPadに進化した系譜は、NewtonからeMateが登場した経緯に似ているし、これコンセプト的にはかなりな意味で、DynaBookだよねってきがする。そして、他社とくにマイクロソフトが黙ってないと思うしね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Markdown言語が面白い。

 ポメラDM200からの新機能にアウトライン表示があるのだが、パソコン側で、管理するエディタを探していたら、Markdown言語というものがあるらしい。  基本、文書を作るときに、プログラマな人たちは、ホームポジションから手を離すのを嫌う人たちが多い。直接、htmlコードを書...