スキップしてメイン コンテンツに移動

iPad買った、触った、楽しんだ。



頭の上に林檎の葉っぱが生えている、私としては、iPadは、スルーできない、誘惑だった。頻繁に、自分自身、モバイル的状況が発生しているわけではないし、パソコンそのものを置き換える必要性が生じているわけでもない。ただ、PDFの説明書が増えてきており読みやすいデバイスを探していたのは間違いないし、実際良質のリファレンスだった。

iPhoneから始まったデバイスの本質とはなにか?それは、コミュニュケーション的なデバイスというより、良質なリファレンス・デバイスであると思う。当然、iPadにもそれは備わっているし、大きくなった分、その情報量は拡大されている。そして、小型デバイスである宿命から逃がれたぶん、さらに情報入力としての打ちやすさが格段に進歩していると思う。しかし、依然としてアナログのよさ、あるいは従来のパソコン端末のよさの中間よりであることは間違いない。iPadとiPhoneがあるからといって手帳とパソコンは、今だ手放せない。ある意味、ネットブック登場の感覚と近いのかもしれない。

 さて、iPadであるが、細かい所で機能がないことがある。iTunesであるとかiPodでは問題ないのに、TV番組の通しナンバーが無視されて表示される。タイトルのみでソート表示されてしまう。あと写真であるが最新のものが、普通最初にきて欲しいものだが、これも古い順番から表示されてしまう。そのへんのソートオプションをつけて欲しいのだが、現在見つかっていない。

 とはいえ、大きな意味では、良くできているし。恐ろしく楽しい。
液晶は高精細だし、当初、ネットブックとかiPodとか見て、疑問だった動作速度ももうしぶんない。人によったら、これはノートブックいらないと言う意見も間違いないと思う。もちろん、それはAppleの功績というよりも、この短時間で爆発的に増えたアプリ資産によるものが大きいと思う。おそらく、特殊なものじゃなければたいてい考えつくアプリは、ほぼ揃っている。

 ただ、どちらかというと、あらゆる意味で、過去のApple][時代の状況を、思いだしてしかたがない。iPodからiPadに進化した系譜は、NewtonからeMateが登場した経緯に似ているし、これコンセプト的にはかなりな意味で、DynaBookだよねってきがする。そして、他社とくにマイクロソフトが黙ってないと思うしね。

コメント

このブログの人気の投稿

ZBrushで、盛る・・・削る

modoの作業を、トポロジー的に、ある程度正しい状態にもっていった後に、Obj形式で、ZBrushに持ち込んだあと、ひたすら、削ったり盛ったりする作業を始めているよ。
おおむね、あとから欠陥が判明するんだけども、いまの所は、致命的な修正不可能な欠陥は、ないはず。

 まだまだ、気に入らない所は一杯なので、スカルプト作業が終わってないのだけれども。まぁ、とりあえずは、こんな感じ。

コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セット

昔から、画材として、色鉛筆と同じくらいマーカーも大好きなんだが。
コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セットを買ってきたよ。

 それまでのマーカーは、ピーキな特性をもったマーカーが多くて、発色が良い、ムラが出来にくいという特性は、ものすごい衝撃的だったのですよ。

さて、特別仕様のモデルは、過去にも2000年特別セットを出してるんですが、色のバリエーションは、どう変わっているんでしょう?

 見事に、ダブリが少ないですよね。

36色セットは、基本セットなわけで、
都合上、基本的にマーカーは、混色できないわけで、なにを採用してくるか?ってのは凄い重要です。

 肌色が増えてますよね。漫画絵を描いていると、肌色の補強が最大の興味になるわけですが、この辺、ラインナップ的に、買い足さなくても、良い感じになってます。

 どちらかというと、2000年モデルは、青系のパステルカラーに振っていて、25周年モデルは、純色に近い色が多く、茶系統が多いように思えます。

 このへんは、2000年時点でのイラストの傾向の違い、2012年時点でのイラストの傾向の違いが、読み取れるんじゃないでしょうか?

 ただ、意図的に2000年モデルとダブリを意図的に回避したかもしれませんので、推定でしかないんですが。
 コピックマーカーが要求される分野には、2000年前後に比べると漫画絵の比重が増えたとも言えるわけで、その辺が、影響しているとは思いますよ。

あと、コピックスケッチらしい、筆のようなスーパーブラシニブは、当然そのままで、もう一つのニブは、ファインニブに変更されています。
 それに伴って、エアブラシシステムは、25周年モデルは、使えないわけですが。 おそらく、コピックを使う人たちはどんな人たちか?という分析を行っていて。 あきらかに、漫画描きに向けて出してきているのは、間違いないと思います。
 2000年頃と比べると、CG特化の傾向が著しく浸透しており、基本のアナログ画材がどうなったか?というのは、凄く興味深いのですが、おそらくこうなったら使いやすいですよって提示は25周年モデルに読み取れるとは思いますよ。

耳のモデリングと仮色

耳のモデリングのやり直しと仮色を入れてテストレンダーしてみた、不気味の森に近づきつつあるな。
耳のパーツを一体成形をめざしたが、半分、ぶち切れて、別パーツにしてみた。未だに、耳のひだの構造がいまひとつ。
おそらく、まだ延々いじるんだろうなー。