OSXのタイムマシンがトラブった。

ここ最近、AirMac Extremeにぶら下げてる、タイムマシンに割り当ててるHDDが、知らない間にアクセス不能になる現象が多発している。
しかたがないので、直結でUSBにぶら下げてたんだが、やっぱりマウントしたままアクセス不能になる。

最初は、HDDのトラブルを疑ってかかったんだけど、実際、書き込むときとかに、ビビリ音が出てたしね。
いろいろやって、解消できないので、HDDの買い換えを検討していたら、原因が特定できたよ。

どうも、Sleepに、突入するときに、タイムマシンが動作してると、中途半端にマウントしたままほったらかしになるみたい。
なおかつ、ログアウトではだめで、再起動しないと、エラー状態のマウントがとけないみたい。
マウントを掌握してるプロセス名がわかれば、直接Killコマンドを叩くんだが、原因のプロセス名がわからない。

結局、トラブルが発生したら、再起動しないと無理なのかなー。
なんやら、Snow Leoperdの解説を見てたら、「ディスクの取り出しがさらに安定。」とある。
タイムマシンバックアップ自体は、すごい使いやすいんだが、細かいトラブルでつめが甘いと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

ZBrushで、盛る・・・削る

コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セット

耳のモデリングと仮色