スキップしてメイン コンテンツに移動

「3D Character Animation Manual ローポリアニメーションのすべて」を読んでみた。

「3D Character Animation Manual ローポリアニメーションのすべて」という本が、出ていたので買ってみた。
発売日後には出てるのをは、事前に、情報で知ってたんで、 こっちで、唯一となってしまった、コンピュータ専門書に強いM書店に行ってみたら、見事に入荷してないので、しかたなくAmazoneで頼んだ。しかし、後日ふらりと寄ったら、みごとに、入荷したのを見て激しく萎えた、まぁそれはどうでもいい話。

このへんの専門書は、年々少なくなってきているんだけれども、その中でもおそらく、3DCGに関する書籍は絶滅危惧種なんだけども。
そんな中、新刊が出てるというのは、すごくうれしいことだ。

最近、高価なソフトが、ひしめく中で、結果として同じような機能をもったソフトが、フリーであったり、安価なもので、置き換えが出来るようになっている。 ごく最近まで、置き換えのきかない、画像編集系のソフトまで、最近は可能になっていほどだ。3DCGを、趣味でやる上で、いきなり業務用を使うしかない状況では出来なかったことが最近は、出来るようになっている。こういった、ソフトは、当然、それなりに豊富なソースがインターネット上に放たれているものだが、たいてい今ひとつわかりにくい。 そもそも、探しているものに対して、グーグール先生に何を尋ねていいのさえわからない。そういった中で、紙媒体というのは、総括という意味でも大変貴重だ。

この本は、メタセコイアという3DCGモデラーを軸にして、フリーか安価なソフトでアニメーションを作る環境を、たいへん優しく解説している。
Step By Stepというよりも、レシピ本といった性格が大変強いと思う。ただし、どちらかといえば、全体の3分の2近く、モデリングに多くのページをさいているので、多くのモデリング本とのバッティングもするし、あまり、書籍化されていない、リギングであるとか、モーションつけであるとか、その手の解説が見たい場合では、かなりがっかりした内容だと思う。しかし、要所要所の重要なところは、しっかり解説されているので、使えないわけではないのであしからず。

コメント

このブログの人気の投稿

ZBrushで、盛る・・・削る

modoの作業を、トポロジー的に、ある程度正しい状態にもっていった後に、Obj形式で、ZBrushに持ち込んだあと、ひたすら、削ったり盛ったりする作業を始めているよ。
おおむね、あとから欠陥が判明するんだけども、いまの所は、致命的な修正不可能な欠陥は、ないはず。

 まだまだ、気に入らない所は一杯なので、スカルプト作業が終わってないのだけれども。まぁ、とりあえずは、こんな感じ。

コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セット

昔から、画材として、色鉛筆と同じくらいマーカーも大好きなんだが。
コピック誕生25周年記念!!特別仕様の36色セットを買ってきたよ。

 それまでのマーカーは、ピーキな特性をもったマーカーが多くて、発色が良い、ムラが出来にくいという特性は、ものすごい衝撃的だったのですよ。

さて、特別仕様のモデルは、過去にも2000年特別セットを出してるんですが、色のバリエーションは、どう変わっているんでしょう?

 見事に、ダブリが少ないですよね。

36色セットは、基本セットなわけで、
都合上、基本的にマーカーは、混色できないわけで、なにを採用してくるか?ってのは凄い重要です。

 肌色が増えてますよね。漫画絵を描いていると、肌色の補強が最大の興味になるわけですが、この辺、ラインナップ的に、買い足さなくても、良い感じになってます。

 どちらかというと、2000年モデルは、青系のパステルカラーに振っていて、25周年モデルは、純色に近い色が多く、茶系統が多いように思えます。

 このへんは、2000年時点でのイラストの傾向の違い、2012年時点でのイラストの傾向の違いが、読み取れるんじゃないでしょうか?

 ただ、意図的に2000年モデルとダブリを意図的に回避したかもしれませんので、推定でしかないんですが。
 コピックマーカーが要求される分野には、2000年前後に比べると漫画絵の比重が増えたとも言えるわけで、その辺が、影響しているとは思いますよ。

あと、コピックスケッチらしい、筆のようなスーパーブラシニブは、当然そのままで、もう一つのニブは、ファインニブに変更されています。
 それに伴って、エアブラシシステムは、25周年モデルは、使えないわけですが。 おそらく、コピックを使う人たちはどんな人たちか?という分析を行っていて。 あきらかに、漫画描きに向けて出してきているのは、間違いないと思います。
 2000年頃と比べると、CG特化の傾向が著しく浸透しており、基本のアナログ画材がどうなったか?というのは、凄く興味深いのですが、おそらくこうなったら使いやすいですよって提示は25周年モデルに読み取れるとは思いますよ。

耳のモデリングと仮色

耳のモデリングのやり直しと仮色を入れてテストレンダーしてみた、不気味の森に近づきつつあるな。
耳のパーツを一体成形をめざしたが、半分、ぶち切れて、別パーツにしてみた。未だに、耳のひだの構造がいまひとつ。
おそらく、まだ延々いじるんだろうなー。