2007年5月14日月曜日

PainterXを買ってみた

R0012624_480.jpg
GR DIGITAL

PainterX

 あの評判の悪かったバージョンナンバーからみれば、かつての使い勝手が戻ってきたが、Xになって、どうだろう。Macユーザーとしての売りは、ようやく、ユニバーサルアプリになったってことが大きいはずなのだが。重いブラシは、かれこれ、Painterを使い始めてから、マシン側のスピードが数倍は上がってるはずなのに、あまり速度的には変わってないように思う。仕様上なのか、主線を鉛筆ブラシで引いたときに極細線で引いた後に、拡大してみると点線になっているのも変わらない。下絵は、スキャナで取り込むというワークフローは、いまだに、外せそうにない。リアルブリストルブラシの引く、なんちゃって画材は、結構好み。ただし太いサイズで引くと恐ろしいぐらい重くなる、このへんがサクサクひけると言うことがないんだけどね。
あと、XIになって、ブラシパレットのブラシセットのオンオフが、事前のブラシセットファイル単位ではなく、その場で簡単にできるようになったのはうれしい。Painterは、膨大なブラシセットを持つが、通常は、5つ程度しか使わないんで、その他は、一時的にキャンセルをかけている。

あと、Painterは、ワコムタブレットの改良で使い勝手が、がらりと変わるんで、トクしてるきもしないでもない。
重さの面でみても、主線の面で見ても、Autodesk SketchBookProのほうがより使いやすいのだが、マーカの挙動は完璧でも、なんちゃって画材風には塗れないし、手放せないアプリのひとつだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...