2006年11月29日水曜日

心よりのお悔やみを。

先週、同級生であったM氏が、突然の、事故で亡くなった。

 思い出すことといえば、最近は、疎遠であった友人の一人だけあって、故人と思い出すことといえば、中学時代に遊んだファミコン(アルゴスの戦士)だったり、CasioのMSXだったりするのだけれども。やはり、こういった場合は、故人との最も楽しかった時代を思い起こすものなんでしょうね。突然のご逝去は、事情が事情だけに、もしかしたら助かっていたのではないかという思いが何回も錯綜し、なんともやるせないものがあります。

心よりお悔やみ申し上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...