2006年7月11日火曜日

heuy

 安い〜キャリブレーションが欲しくなったので、hueyを買ってみた.
かなり小型で簡単、容易にモニターの基準がキメ打ちできると思う。ただし、目視で、厳密にキメ打ちしたモニターにはかなわないというか。そのへんは値段相応かも。このへんは個人の気分の問題もあり、ここ近年、ハードディスクのデフラグが必要か?という問題と似ていると思う。でも、ウチの場合、やってみるといかにモニターがずれてたのか判った。ただ、問題としてはモデルクラス上、キャリブレーション結果として補正するのだけども、もう少し赤みを消したいとか、細かい設定が出来ないのが少し残念。このへんは、10万クラスのセンサーをどうぞってな感じ。でも、必要十分。あとかなりコンパクトなので、ノートと一緒に持ち歩くのもいいかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

辞書の話

「マンガ 船を編む」を読んだ。劇中のせりふで、 「辞書編纂は、莫大な資金と膨大な時間を費やすもので、外国では国家の威信で作られることが多い。だが、我が国では、国家主導の国語辞書は皆無だ。」 たいへん不思議な話だと思う。なぜ我が国では、作られなかったのだろうか?国語辞書という概念...