2006年6月4日日曜日

modo 201購入

 レンダリングエンジンがついたmodoこと201をさっそく購入しました。肝心な、レンダリング部分ですが、ウォーリープラグインで武装したLightwaveシステムと比べると、ちーとパラメータの数が少なすぎる気もしないでもない。あと前バージョンは、スペック以上に、わりと広いモニタを要求するインターフェースだったりするのですが、今回、タブ化でコンパクトにまとまっています。ヒストリー機能など、もともとmodo自体が、Photoshopライクなインターフェースを搭載しているのですが。もともとのLightwave分派としての成分が薄まってきている。ただ、201の出来をみて思ったのが。おそらく間違いないんでしょうけど、今後の展開としては、モデリングは使いやすいんだけど、レンダーとアニメーションがねぇとか言われそうな悪寒。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Markdown言語が面白い。

 ポメラDM200からの新機能にアウトライン表示があるのだが、パソコン側で、管理するエディタを探していたら、Markdown言語というものがあるらしい。  基本、文書を作るときに、プログラマな人たちは、ホームポジションから手を離すのを嫌う人たちが多い。直接、htmlコードを書...